読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Uno’sメンズエステLesson

メンズエステのトップセラピストになる方法

メンズエステ特有の施術②マット施術とベッド施術の違い

メンズエステセラピスト&講師も務めるUnoの「予約困難なセラピストになる方法」


入門編  Lesson8

メンズエステ特有の施術②マット施術とベッド施術の違い


f:id:uenotan:20150514135646j:plain


メンズエステというと、ベッド施術よりマット施術が多いのではないでしょうか?


私はずっとマットでやってきたので、メンズエステ=マットという感覚です。


ですが、もちろんベッド施術のお店(メンズエステではない)でも働いていました。


その経験を元に、今回はベッドとマットの違いをお伝えしたいと思います。



♦︎マット施術とベッド施術の違い


・お客様の身体の位置(高低)

あたりまえですが、ベッドではお客様の位置は高いところに、マットでは低い位置ですね。


・うつ伏せの施術

うつ伏せ時の施術は、顔を穴に入れるタイプのベッドなら、首をまっすぐできるので、しっかり背面の施術ができます。 

マットでのうつ伏せ施術は長時間になると首がきつくなります。


・安心度

ベッドは高い位置にあり、幅もマットよりは狭いことが多いです。

安心度で言えば体勢を変えるときなどに落ちる心配のないマットでしょう。


・手技

ベッド施術は、ほとんど肘から下のみでお客様に触れていきます。

マット施術では、よりダイナミックな動きをしたり、足や身体の全体を使うものがあります。


・ストレッチ

ベッドストレッチよりマットストレッチのほうがタイ古式など多彩なストレッチを取り入れやすいです。


・密着度

これを求めるなら断然マットでしょう。

なぜか?は今後書いていきます。



マットでできること、ベッドでできること、それぞれ利点があると思いますが、Uno流はマット施術です。


身体も心もとろける究極のマットセラピー


徐々にですが、Uno流マットセラピーの施術内容について書いていきたいと思います!


すぐに取り入れられる手技をメインでご紹介していきますので、これを読んでるセラピストの皆さん!

うまーく取り入れて収入UP!!しちゃいましょう!


****************

Unoの施術は、タイ古式マッサージや正統派リラクゼーションエステ、大手リラクゼーション業界の手技を取り入れ、尚且つオリジナルの技をミックスさせた


❤︎身体も心もトロける、究極のマットセラピー❤︎


講師業もこなす予約困難な現役セラピスト、UnoのLesson!


少し覗いてみたくないですか?


Uno